外反母趾 テーピング1

外反母趾のテーピングを上手にする方法?

外反母趾,テーピング1

外反母趾のテーピングの方法で良く知られているのが、「カサハラ式バランステーピング」です。外反母趾研究家の笠原巌氏が考案されたテーピングで、外反母趾の症状やタイプによって、いくつかのバリエーションがあります。

 

カサハラ式外反母趾バランスケアテーピングは、外反母趾から足の痛み全般に効果が期待できます。全身のバランスを整え、体の痛みも取ります。テーピングをすることで、親指の痛みが取れ、親指に力を入れて歩くことができるようになります。これが、ゆがんでいた体のバランスを元に戻し、足の指以外にも出ていた各部の痛みを楽にします。テープは薄く、違和感もありません。これまでの靴を履いたまま、外反母趾の治療ができる、というメリットもあります。

 

笠原式外反母趾テーピング法は、基本の貼り方の他、症状にあわせた貼り方が色々ありますので、しっかりとした貼り方を自分で覚えたい、という人は、書籍を購入すると良いでしょう。写真とともに、詳しい説明が載っています。それを見ながら何度か練習するうちに、上手に貼れるようになると思います。

 

「切らずに治す外反母趾」というカサハラ式テーピングの本がありますので、楽天などで探して見て下さい。辛い外反母趾の痛みがテーピングで軽減できたら、靴を履いて歩く時の憂鬱が解消されますね。